フォークリフトのレンタルとリースの違い

フォークリフトを借りるならばレンタルとリースの違いを知っておきましょう。
まずレンタルは会社の保有しているフォークリフトを短い期間借りる利用法であり、借りられる商品は新品とは限らず会社が保有していることが多いです。
特殊なタイプのフォークリフトが必要になった場合や、大量の在庫が定期的にくるためその日だけリフトを利用したい場合はレンタルがおすすめです。
車両であるため所持しているだけでの状態でも維持費が必要になります。
そのため、時期が決まっている場合や大量の車両を所持する必要がない場合に検討してみましょう。
次にリースとはオーナーに代わってリース会社が商品を購入して、貸与方法のことをいいます。
レンタルよりも期間が長いことが多く、年単位で利用することが多いのが特徴です。
また定期的に必要になるメンテナンスの費用もオーナーが負担します。
資金を有効に利用できたり税金面で優遇されてるといったメリットが存在するのが特徴なので、長期間フォークリフトを利用したい場合はリースを選びましょう。

このようなサービスを利用したい場合は専用の業者を選ぶことになるので、探す際のポイントを知っておくことをおすすめします。
まず大事なのは、使いたい機種を取り扱っているか確認することです。
いくら費用が安い会社であっても使いたい機種がなければ意味がないので、ホームページやパンフレットで取り扱っている機種をチェックしましょう。
また、顧客のニーズに合わせるように多くの業者は細かいプランを設定しています。
そのため、業者によってプラン内容は大きく異なるので、なるべく複数の会社を比べましょう。
どのプランを選べばいいか分からない場合は、業者に問い合わせておすすめのプランを質問してみるとよいです。
この他、実際に機種を確認する際はしっかりメンテナンスが行われているか確認するのも重要です。
問題なく利用できそうだと判断した後に、契約を結びましょう。